写真1:作動状態(動画)
誰れにでも低予算で体験できる
風力発電の紹介ページ


自動車用発電機をリサイクル活用
した風力発電システム

★特長★
○廃車自動車の搭載発電機をリサイクルして風力発電機として使用しています。
○低速回転で発電できるよう内部(巻き線)を改良(特許出願)。
○電子ガバナーによるコントロールで、回転数350rpm前後の低速でスイッチが入り、常に13.5V〜14Vで発電し、12V自動車用バッテリーに直接充電されます。コントロールボックスは不要です。
○市販のインバータ(DC12v→AC100v変換、量販店で数千円)を用いれば照明、テレビ、ラジカセなど家電品が作動します。
○設置はホームセンター等で市販の金属パイプを用いユーザーの自由なスタイルが可能です。
環境団体や学校などの出張講習に応じます

○知的所有権協会著作権登録済み
○特許出願番号2005−113630

○平成20年12月経営革新千葉県承認



ゼファータービン研究所

所長:加藤博(Kato Hiroshi)
○事業内容
・風力発電システムの研究開発
・電気自動車用大容量コンデンサの研究
・その他電気・機械・バイオ関連の研究
☆特許、実用新案登録31件
〒299-4101 千葉県茂原市清水2231-9
電話・FAX:0475-34-7432


写真2:リサイクル発電機本体
写真右は防水ケースに格納した状態


写真3:ブレード

写真のブレードはこの発電機用に開発した専用回転翼
ですが、それぞれ各自が制作したものでも構いません。


☆専用回転翼の場合の風速とブレード回転数の関係
風速m/s
回転数rpm 420 550 700 840 980 1,120



写真4:組み立て事例


・市販の金属パイプを用いて組み立てた様子。
・固定主柱に可変軸受けを付けて風向きに対応するしくみとした。


写真5:強風対策

・強風時には風車後部のロープを引き風車本体を
垂直にすることで強風対策としている。
・ブレードは簡単に外せるので強風時には取り外しても良い。

★ゼファータービン研究所ミニヒストリー・・・


左上:雑誌掲載 右上:テレビ出演 左下:テレビ出演 右下:ライフワーク風力発電研究に打ち込む